脱毛コラム

アンダーヘアの脱毛ではヒートカッターが活躍する

アンダーヘアを脱毛する場合

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛をするときにはヒートカッターを使うという方法もあります。

ヒートカッターというのは櫛のような形をしていて、毛を剃ることができるアイテムのことで、多くの人が使いやすいのではないか?と思います。

毛を剃るというか、カットするイメージなので肌への負担がほぼ全くないと言えるでしょう。

カミソリなどを使うと、間違いなく肌に対してダメージがあるので、そこが荒れてしまうということもありますけど、ヒートカッターを使うとそういった心配はないのです。

だから、安全面という意味では1番おすすめの方法ではないか?と思うのです。

ヒートカッターのメリット

ヒートカッターは毛を切るということで処理することになるので、脱毛という感覚ではないかもしれませんし、割とすぐに切った毛がまた伸びてきて目立ってしまうという可能性もあります。

ただ、1番のメリットである肌に対して優しいというところは多くの人に知っておいてほしいと思うのです。

肌に負担なく行えるという意味では、肌荒れが起きたときに使わないといけない商品を買うお金とかもかかりづらいということも言えます。

だから、肌にとって負担が少ないというメリットが特に大きいため、ヒートカッターを使った方法でアンダーヘアの脱毛をするというのはおすすめと言えるのです。

最初にヒートカッターを試してみて、それから別の方法を探るということもできると思います。

埋没毛ができる原因と埋没毛の処理の仕方について

厄介な埋没毛という存在

埋没毛について考える女性
無駄毛を処理する際に、剃刀を使って毎日剃ると埋没毛に悩まされやすくなります。

なぜなら、埋没毛の原因として無駄毛を毎日処理することで、剃ることで肌の表面を削るので毛穴を傷つけるからです。

また、剃刀以外の自己処理として毛抜きや脱毛ワックスがありますが、剃刀と比べて肌に与える刺激と負担が大きい傾向にあります。

なので、毛を抜くことで自己処理を施すと、剃刀で剃る場合より埋没毛が出来やすくなります。

その上、毛を抜くと毛穴を傷つけるので毛が外に出てこれなくなり、放置することで毛嚢炎になる原因に繋がります。

他にも、自己処理のやり方を誤ると、肌を余計に傷つける以外にも埋没毛を悪化させることになります。

この時、肌の表面をかさぶたや角質が傷だけでなく毛穴も覆うので、毛は皮膚の中で伸び続けることになります。

剃刀を使わずに電動シェーバーによる自己処理を意識

埋没毛ができると剃刀や毛抜きを使っても、埋没毛を剃ったり抜くことができないので、埋もれた状態を保つことになります。

さらに、埋没毛が出来た状態で剃刀や毛抜きによる自己処理を行うと、埋没毛を悪化させることで色素沈着が起こる原因に結びつきます。

そのため、埋没毛が出来た場合はクリニックに通ってレーザー脱毛を施してもらうのが最善となります。

ただし、レーザー脱毛は日焼けしている人だと受けることができないので、電動シェーバーを活用して埋没毛を処理する方法を取るのがお勧めとなります。

なので、剃刀を使わずに電動シェーバーによる自己処理を意識することで、埋没毛だけでなく無駄毛も同時に処理することが可能となります。

脇脱毛をするとワキガになるの?

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
脱毛をするとワキガになるという噂も流れていますが、そんなことは決してありません。
ワキガの原因は様々な物質を含む汗が出るアポクリン腺という汗腺が関係しています。

一方、ムダ毛は毛穴から生えていて、脱毛は毛穴の奥の毛を生成している細胞や組織を壊す施術です。

汗腺には全く関係がありませんから、ワキガでない人のアポクリン腺が増えたりすることは一切ありません。

脇脱毛をしたワキガでない人は肌を流れる汗が増えたように感じて、ワキガになったと勘違いしてしまいます。

暑い時に出る一般的な汗はアポクリン腺ではなくエクリン腺という汗腺から出ていて、ほぼ水分のみです。

脇のムダ毛がある状態だと汗もムダ毛に吸収されたり、ムダ毛を伝わって蒸発したりしています。
しかし、ムダ毛がなくなってしまうとムダ毛に行っていた汗が直接肌に流れてしまいますから、汗が増えたように感じてしまいます。

その結果、汗による臭いがいつも以上に気になるようになり、ワキガになったんだと錯覚してしまいます。

脇脱毛を受けて損はない

逆にワキガの方は脇脱毛してしまうと、臭いの軽減につながります。
ワキガの臭いはアポクリン腺から出た物質に雑菌が繁殖することで発せられ、ムダ毛が生えているとその部分で繁殖しやすくなります。

しかし、ムダ毛がなくなることで雑菌の繁殖が弱まりますから、ワキガの臭いが軽減されます。

ワキガが治るわけではありませんが臭いを抑えるのに役立ちますから、脇脱毛を受けて損はありません。

産後の脱毛・ムダ毛処理の方法はホルモンバランスに着目

産後ひげや産毛が濃くなった、という体験をしている女性は多いと思います。
妊娠から出産にかけて、女性ホルモンが大量に分泌されますが、産後一気に減少するためホルモンバランスが崩れがちになります。
ホルモンバランスとムダ毛とは関係性があり、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが優位になってしまい、産毛が濃くなる場合があります。

その為、産後の脱毛・ムダ毛処理は、ホルモンバランスを整えるケアも大切です。

産後の女性

ホルモンバランスを整える

産後睡眠不足やストレスを抱えることが多くなりがちですが、ホルモンバランスを崩す大きな原因になります。

なるべくしっかり睡眠をとり、ストレスを溜めないように発散することも、産後のムダ毛対策には必要です。

食品でホルモンバランスに働きかける、という方法もおすすめで、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、豆腐や納豆、豆腐などを毎日の食卓で摂取するのが理想的です。

産後の脱毛は抑毛で?

産後の脱毛は、抑毛でムダ毛処理するのがおすすめです。

カミソリを使用したムダ毛処理は、肌に与える負担が大きいので、肌荒れや黒ずみの原因にもなります。
また、脱毛クリームも肌に負担がかかるため、肌に優しい抑毛クリームや抑毛ローション、抑毛石鹸などで徐々にムダ毛を減らしていく方法がおすすめです。
抑毛系の商品には、イソフラボンが配合されているのが主流で、ホルモンバランスが崩れがちな産後に適しています。

勧誘が苦手な人も断り方をマスターすれば安心

脱毛サロンの勧誘を上手く断る

勧誘を断る女性
脱毛サロンにはお試しプランなど、魅力的な料金設定で受けられる施術がたくさんあります。そのため一度脱毛サロンに行ってみたいと考える人も増えています。

ただ、脱毛サロンのお試し価格は、継続して施術を受けてくれる人を探すために特別な料金で行われています。もちろん勧誘などをされるケースも多くなるでしょう。そんな時に断る方法を知っていれば、無理なくお試し料金で脱毛が受けられます。

当然施術が気に入って続けたいと思えば続ければ良いのですが、気に入らなかった場合や様子を見てからにしたい時には断ることもあるでしょう。

家族を引き合いに出す

一つ目の断り方は、家族を引き合いに出すことです。予算やお小遣いの関係で相談しなければ決められないと言えば、無理に契約させられることはありません。旦那さんがいる場合など、叱られてしまうと言っておけばそれほどきつい勧誘を受けずに済みます。

肌が弱いのでしばらく様子を見てからにしたいと言う

もう一つの断り方は、肌が弱いのでしばらく様子を見てからにしたいと言うことです。脱毛後にトラブルが起こることもまれではないので、その場で契約させられてしまうことは少ないでしょう。結果として肌トラブルで施術が受けられなくなる可能性がある人に、無理に勧誘してくるスタッフは少なくなります。なるべくこのような断り方で乗り切れば、勧誘を気にせず脱毛ができます。