脇脱毛をするとワキガになるの?

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
脱毛をするとワキガになるという噂も流れていますが、そんなことは決してありません。
ワキガの原因は様々な物質を含む汗が出るアポクリン腺という汗腺が関係しています。

一方、ムダ毛は毛穴から生えていて、脱毛は毛穴の奥の毛を生成している細胞や組織を壊す施術です。

汗腺には全く関係がありませんから、ワキガでない人のアポクリン腺が増えたりすることは一切ありません。

脇脱毛をしたワキガでない人は肌を流れる汗が増えたように感じて、ワキガになったと勘違いしてしまいます。

暑い時に出る一般的な汗はアポクリン腺ではなくエクリン腺という汗腺から出ていて、ほぼ水分のみです。

脇のムダ毛がある状態だと汗もムダ毛に吸収されたり、ムダ毛を伝わって蒸発したりしています。
しかし、ムダ毛がなくなってしまうとムダ毛に行っていた汗が直接肌に流れてしまいますから、汗が増えたように感じてしまいます。

その結果、汗による臭いがいつも以上に気になるようになり、ワキガになったんだと錯覚してしまいます。

脇脱毛を受けて損はない

逆にワキガの方は脇脱毛してしまうと、臭いの軽減につながります。
ワキガの臭いはアポクリン腺から出た物質に雑菌が繁殖することで発せられ、ムダ毛が生えているとその部分で繁殖しやすくなります。

しかし、ムダ毛がなくなることで雑菌の繁殖が弱まりますから、ワキガの臭いが軽減されます。

ワキガが治るわけではありませんが臭いを抑えるのに役立ちますから、脇脱毛を受けて損はありません。