埋没毛ができる原因と埋没毛の処理の仕方について

厄介な埋没毛という存在

埋没毛について考える女性
無駄毛を処理する際に、剃刀を使って毎日剃ると埋没毛に悩まされやすくなります。

なぜなら、埋没毛の原因として無駄毛を毎日処理することで、剃ることで肌の表面を削るので毛穴を傷つけるからです。

また、剃刀以外の自己処理として毛抜きや脱毛ワックスがありますが、剃刀と比べて肌に与える刺激と負担が大きい傾向にあります。

なので、毛を抜くことで自己処理を施すと、剃刀で剃る場合より埋没毛が出来やすくなります。

その上、毛を抜くと毛穴を傷つけるので毛が外に出てこれなくなり、放置することで毛嚢炎になる原因に繋がります。

他にも、自己処理のやり方を誤ると、肌を余計に傷つける以外にも埋没毛を悪化させることになります。

この時、肌の表面をかさぶたや角質が傷だけでなく毛穴も覆うので、毛は皮膚の中で伸び続けることになります。

剃刀を使わずに電動シェーバーによる自己処理を意識

埋没毛ができると剃刀や毛抜きを使っても、埋没毛を剃ったり抜くことができないので、埋もれた状態を保つことになります。

さらに、埋没毛が出来た状態で剃刀や毛抜きによる自己処理を行うと、埋没毛を悪化させることで色素沈着が起こる原因に結びつきます。

そのため、埋没毛が出来た場合はクリニックに通ってレーザー脱毛を施してもらうのが最善となります。

ただし、レーザー脱毛は日焼けしている人だと受けることができないので、電動シェーバーを活用して埋没毛を処理する方法を取るのがお勧めとなります。

なので、剃刀を使わずに電動シェーバーによる自己処理を意識することで、埋没毛だけでなく無駄毛も同時に処理することが可能となります。